特定非営利活動法人 女性呼吸器疾患研究機構
NPO Women's Respiratory Diseases
Research Organaization

女性肺がん(日本語版)

  1. 女性肺がんの急増:
    わが国の平均寿命は大幅な伸びを示していますが、疾患感受性や老化の程度における男女の違いなど性差の存在を示唆しています。このことは人々の健康、健康の維持を考えるときに男性と女性を区別して考える必要性を示しています。とくに肺がんでは、アメリカでは男女ともに肺がんが第1位であり、女性では2006年の肺がんによる死亡は73,020人と推定され、第2位の乳がんと第3位の結腸がんの合計死亡数より多く
    ・・・・・・[続きを読む]

Increase in lung cancer of females

  1. Background:
    Although the life expectancy in Japan has been greatly improved, it is shown that there is a gender difference in disease sensitivity or degree of aging. In United States, the lung cancer is the worst disease for both females and males and it was estimated that 73,020 women died from lung cancer in 2006. This number is greater than the total number of people who died from breast cancer which is  
    .......[ more ]